わきがの最新ニュース

バナー

わきがの最新ニュース

ワキガには、その治療法に色々な種類があります。

代表的なものに、手術療法、薬物療法、ボトックス療法などがあります。

わきがの手術 | ミラドライ わきが 多汗症 医師団

事前にワキガの治療法に関する基礎知識をしっかりと学んだ上で、病院、クリニックを選び、自分の症状に合った治療法を選択するのが良いでしょう。手術療法は、ワキガの臭いの症状の原因とされるアポクリン腺を取り除く治療法です。

ワキガを根本的に治すにはこの方法しかないといわれています。
手術にも病院や医師によって施術法が異なり、結果も異なります。メスを使う事が多いワキガの手術は、傷跡や再発、合併症や後遺症などのリスクも伴ってしまいますが、最近は医学の進歩で再発や後遺症の心配も少なくなってきており、傷跡が殆ど残らないものも多くなっています。

症状が軽度から中度の人であれば、よりリスクが少ない吸引法や、超音波法の手術方法が大きな傷がつかないので良いでしょう。

症状が重度の人は、リスクも上がりますがメスで切開する手術を行うのが良いでしょう。

薬物療法は、薬を服用して治療するのではなく、市販されている制汗薬や殺菌性のある成分が含まれた商品などを用いて、臭いを予防するという治療法です。


薬物療法によって根本的にワキガが治るわけではありませんが、一時的な効果が期待できます。

比較的症状の軽いワキガの人に適した治療法で、重度の症状の人には効果が期待できない方法といえます。



医師の診察によって処方してもらう治療薬に、アクアチムクリームというものががあります。


この薬は、ジフロキサシンという成分を配合した薬で、皮膚についている細菌に作用して、アポクリン腺から分泌される汗を分解して臭いを抑えます。



また、H・ミッテルクリームは、わきがの原因となる細菌に効果を発揮し、ハーブセージとアルテアの2種類のハーブで皮膚を守ります。

塗り薬は、時間が経つと効果がなくなってしまいますので、1日に何回か塗るようにしましょう。


塗りなおすときには、汗などを濡れたタオルで拭き取り、きれいにしてから塗りなおすようにしましょう。

ボトックス療法は、体内にボトックスを注入することで、エクリン腺からの発汗を一時的に抑える治療法です。

比較的症状の軽い人や、多汗症とワキガを併発している人に効果的な治療法です。

Copyright (C) 2015 わきがの最新ニュース All Rights Reserved.